読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の目線奪うために

雲を掴もうと伸ばした手は あの日の少年の夢

雲を掴もうと伸ばした手は あの日の少年の夢

 

最近、目まぐるしく環境が変わったのが分かる。

こうなる事が怖くて、「はい、やります」から逃げていたのに。

私は、未だまだ逃げている。

 

 

接客が楽しい、そう思わせてくれた人がいる。今はほかの店舗にいるけれど。

その人がいてくれたからと、今は言える。けど、少し前の私は言えないだろう。

なんなら、「なに言ってんだ!あの人にどれだけ当たられたと思ってんだ!」と

確実に反発を食らう。しかし、今の私があるのは絶対的にあの人のおかげなのだ。

認めたくなくても。

 

 

あの人は、人によって態度を変える所もあったしなんなら男の先輩には、とても

優しかったし全然当たりもしなかった。私にそれが回ってきたという感じだ。

私の他にも下の子には、そんな感じで忙しい時は大体。教えられてないことを

「教えたけどな、そんな事も出来ないのか」と言われた時は「(この職場辞めるかもしれない)」そう思った事は一度や二度ではない。

 

 

今の私は、あの人がいた頃の働きぶりや今の働きぶりを評価してもらって

人の指示出しをしたり教育を任されている。ここ数日、慣れない仕事続きで肩と

首の凝りがあほみたいに酷い。笑うしかない。

あの人の立場に一歩近づいただけで、こんなに大変な事に気づいた。

毎日毎日、目標と自分の目標に近づけるために後輩に教えること、今の雰囲気の緩さを改善するためにどうするか、そのためには先輩の助けが必要だけどどうしていくか。

今思いついただけでまあ改善するには少しレベルが高い。

 

 

社員になる、と言ってから一週間での出来事で世間様には「甘えるな」と叱咤されてしまうのは分かる。実質これを書きながら私もまだまだだな、と実感している。

それを自覚するためとあの人の偉大さ、君は成長したんだよ、と今の私が思ってることを忘れないようにするためだからだ。

 

 

2日前に先輩に色々と相談させてもらった。ここに書いてること大体。

「今の私の立場とその上の立場を兼任してたあの人の偉大さとかあんなに厳しくしてたのは育てるためだったんだな、って今だったら思えるんですよ。」と話していて、自分で成長したな、と思った。

先輩も「成長したね、前はあんなに大嫌いだったのに」と言ってくれた。私はあの人を少しでも嫌いじゃなくなった。それは今の立場にならないと感じられなかったし、まず嫌い以外の感情はもつはずなんてなかった。しみじみと思う。

 

チャンスをくれた方にも感謝しないといけない。

それ以上に私は、私に頑張ったねと言いたい。よく辞めなかったね、後輩が可愛くても辛い時は辞めたかったには変わりなかったのに。一時期、人手不足が深刻で、営業するのが不安で仕方なかったのによくも耐えたね。ずっと罵倒される時もあったし、先輩に可愛がってもらえてなくて泣きたかったし、その輪に入りたかった時もあったのに。よく、頑張った。ありがとう。

 

 

これまで幾度となく、「私なんかができるんだから」と思ってきたし言ってきた。だから、人の上に立つことが嫌で嫌で仕方なかった。泣きそうになってなかなか眠れなかった日もあった。昔の先輩たちに追い付いてる気がしてなくて、崩れそうな時もあった。それでも、今の仲間が助けてくれたし、愚痴を言える家族もいる。

 

 

冒頭で「逃げている」とは言った。けどそれと同時に「立ち向かえる分の勇気」を君は

持ってる。嫌だった人の良いところを「凄い」と言える心も持ってる。

だから、君は君らしく今のままで頑張っていったらいいんだよ。ね。

 

 

お疲れ様、ありがとう、またこれからもよろしくね。

This moment ~解釈と色々~

▽This Momentについての解釈と諸々~好きすぎて胸が苦しい~

 

本当に今更感は否めないんですけれども、ここ最近のエンドレスソングについて。

この曲、罪深すぎてもう曲に恋してる状態…。恋する乙女…。さあ、では解釈。

(※解釈と謳ってはいますが、ただの感想にも捉えられるかもしれません。一種の考え・妄想だと受け取ってもらって構いません。内容が薄い上に長いのでご了承ください。)

 

 

 

抱きしめても何か足りない その訳ならわかってる

ボクの知らないキミがいるから この想いは止まらない

 

 

ここの歌詞から分かるのは、ただの恋人じゃないことと‘ボク’はまだ知らないキミにまた

想いを焦がしてます。両想いだろうけれど、叶わぬ認められない恋の匂いがします。

 

指を絡め合って、ただ見つめ合って

誰も知らないボクをもっと感じて…

 

 

そういうことをしているようにしか感じられなかったんですけども、

誰も知らないのところから、他のみんなは知らないキミだけに見せるよ、と。

先ほどの歌詞とは反対ですね。それがまた尚更ボクの気持ちに拍車をかけてるように感じます。

 

今は抱き合って、わがままな恋で

時を止めるキスをしよう

 

 

わがままな恋!どういうことでしょう。身分違い?教師と生徒ですかね。ボクはまだ生徒で

教師である相手に対して、子供であることも認めてると思います。わがままな恋って自覚してるので。

時を止める、これに関連する言葉がこのあとすぐ出てきます。

 

永遠なんていらない ただ痛いほどの情熱が

キミを求めてるそれだけは

嘘じゃない今はただ

そばにいて

 

 

時を止める、永遠 この2つだけ聴いたら同意義に捉えられますが、永遠のその次が

いらない と言っていますね。2人が幸せな道を歩む未来を想像しつつも無理だと分かっている。その上で紡ぎ出された言葉じゃないでしょうか。けれど、この気持ちを想いを止める術も知らない、ただ痛いほどキミが好きで仕方ない。分かってるけど求めてしまう、それだけは嘘じゃない、そばにいて。これを衝動的な恋と呼ぶんでしょうね。

 

夜が明けたら、いつものように優しい嘘を並べて

越えられない現実にまた キミを送り帰すから…

 

 

下手したらここのパートが1番好きなんですけど!

越えられない現実にまた キミを送り帰すから…って‘ボク’と‘キミ’は越えられない現実が目の前にあるのを知ってるし、それが‘キミ’側にあるのも知ってる。それを承知の上で逢瀬を重ねてるようにしか感じないし、そうだと思う。そして越えられないんだよね。越えたくても今の2人じゃ無理なの知ってるからこその、サビ部分の 永遠なんていらない に繋がるんだなと。この曲は不毛な曲だな…(今更)

 

薄暗い部屋で、吐息で語って

ボクを試すような声を聴かせて…

不確かな愛で、それでもかまわない

この一瞬を捧げよう

 

 

 

薄暗いっていう形容詞が部屋についてるおかげで、想像が簡単にできますしとても官能的に聴こえますね…?その後のボクを試すような声を聴かせて…も手伝ってさ…まじで小説書けるな…?

そういや、私、薄暗いっていうと夏の蒸し暑い部屋を思い浮かべてしまうんですけどこれはなんでだろう…。教えてグーグル先生…。

そして!ここ!授業に出るよ!不確かな愛で、それでもかまわない そこですよね。あ~~~~~。

ここにきてしんどさが爆発です。不確かなんだ…そこ認めるんだね…。でも、この歌詞を潔いな…とは思えないんですよ。この主人公、相手のことすごい好きじゃないですか。だから、余計に。この歌詞の次に、この一瞬を捧げよう。この一瞬を‘キミ’に捧げてもいいって、逆を言えばその一瞬しか‘キミ’に捧げられない。いつ引き離されるかなんて分かったもんじゃないから。私にはそう聞こえるんですよね。こことか教師と生徒の恋って感じがします。

 

思い出なんていらない

ただキミに見せたこの愛は

全て奪うこと躊躇った

だけどまだ恋しくて、恋しくて

 

 

ここからまさかの急展開。ただキミに見せたこの愛は 全て奪うこと躊躇った

ここですよ。‘キミ’への愛は、2人の全てを奪うことを躊躇ったに聞こえるんですよ。‘この愛’が、2人にとって重すぎることも離れたほうがいいことも全て理解していたんでしょうけども、けどどうしても一緒になりたかった。そういう葛藤を想像しちゃう。

だけどまだ恋しくて、恋しくて 主人公はまだ好きなんだよね。けど、‘キミ’のことを考えたら…元に戻ることが正解なんだろうな。という考えに至ってそう。大人だな。

 

退屈な日々だから キミに惹かれた訳じゃない

このココロは 壊せない

ボクにはできない

 

 

退屈な日々だから キミに惹かれた訳じゃない 2人の関係は刺激的?少なくとも退屈ではない。‘キミ’を好きになることに理由はないんだよ、2人の関係にハンディがあったとしても。みたいな?感じですかね?

このココロは 壊せない ボクにはできない 未練残りまくってるじゃないですか。‘キミ’を好きなこの気持ちを消すことは、捨てることは‘ボク’にはできない。最高…。

 

永遠なんていらない

ただ痛いほどの情熱は

嘘じゃない、そばにいて…

 

 

Aメロサビがとても重く感じますね。(褒めてる) 永遠 に否定の意味の ない をつけることによって意味をより重く、強く否定してます。主人公は2人が引き離される瞬間をとても怖がってるように感じる。罪悪感と愛情の狭間で揺れてますね。

 

思い出なんていらない

ただキミに見せたこの愛は

全て奪うこと躊躇った

だけどまだ恋しくて 恋しくて

 

 

結果的に、自分と相手を優先した。こんな切ない曲ありますか…。僕妹*1ソングかよ…(ご存知ない方、良かったら調べてみてください。)青春の、叶わない恋の曲…だな…好きだな…(結局それ)。

 

お付き合いありがとうございます。いやあ、まあ思ったよりも長くて笑いました。この曲に対する熱意が半端じゃねえな?この曲で誰か小説書いてくれないかな…あと、この曲で解釈論争したいです。私はこういう人との話だと思ってますけど?そっちどうですか?みたいな。話盛り上がりそうなので、是非やりたいです。本当にしみじみと思うけどいい曲な…作詞作曲編曲、ならびに関係者様ありがとうございます。こんな素敵な曲を生み出して、音源が永遠に聞けるんだぜ…この世の中に生まれて幸せだな…。

 

では、読んでくださりありがとうございました。

*1:青木琴美先生コミックス。榮倉奈々さんと松本潤さんでの実写化済み。近親相姦がテーマですが、とても好き。あのラストは胸にきます。

中島裕翔くん22歳の誕生日おめでとうございます!

 

いやまあ言ったら2日前だったんですけど。ごめんね裕翔くん。

 

22歳ですって!はや!2011年の最年長組と同い年だねと言ってあげたい。なんとなく喜びそう。

私信なんですが、先週の金曜日に携帯が天国に旅たちまして、貼り付ける画像もないんですが本当に裕翔くんごめんね。気持ちとしては目の前にやぶひかを置いて、思う存分に飽きるまで写真撮って欲しいです。

 

今日が、広島でjumping carコンサートみたいで!広島のみなさんとの思い出がまた増えたみたいで!嬉しいですo(^▽^)o

いつかのコンサートで「誕生日が夏休み期間だから祝ってもらえない(@ニュアンス)」って言っていた裕翔くんがこんなにたくさんの人に愛されている地球。

尊い。

 

これからの裕翔くんの未来とJUMPの行く道に幸せが降りますように。

 

 

ちょーーー私信。

弟が9歳に!おめでとう~!そろそろ事務所に履歴書送る頃かな。

これからもすくすく、大きく野球好きで変なことする子でいてね。

できれば、薮宏太か八乙女光になるように願っておくね。>姉

 

ブログを書こうと思い立って開設しました。

 

文章について

みなさんのブログに触発されて感想を、想いを綴るために立ち上げました。

かれこれじゃんぷからは5年離れていたことになります。2010年後半~から追ってないのでTwitterも駆使しながらこの空白の時間を埋めていきたいです。

10周年を一緒にお祝いさせてくれ。そこから見える景色をすこしでいいので私の目に映させてください。

今はJUMPing Car魂ですかね?タイムラインに流れてくるレポートが全部楽しそうでかわいいので安心です(T T)私は、UNIONが観たかった…これからもセトリに入れててください…頼みます。